入園準備

入園準備はいつから始める?保育園探しは秋から・入園前は半年前から動き出そう

投稿日:

入園準備 いつから

「保育園に通わせたいけど、いつから動き出したらいいの?」

「入園の準備っていつから始めたらいいの?」

子供を保育園に通わせるのであれば、入園準備を始める必要があります。

妊娠をして、出産・育児と慣れていないことばかりで大変なママですが、早めに動けるようにスケジュールを組んで置いたほうがよいでしょう。

 

この記事では、保育園探しから入園までにやることと、そのタイミングをご紹介します。

保育園探し(保活)はいつから始める?入園前の10月には動き出そう

最近は保活とも言われている「保育園探し」は、できるだけ早く動き出すといいでしょう。

というのも、保育園探しは、役所や保育園に足を運ばなければならず、想像以上に時間も体力も使います。

更に、待機児童も多い地域が多く、見学予約の電話がつながらないことも珍しくはありません。

 

保育園探しが遅くなってしまっては、バタバタと心身ともに多大なストレスをかけてしまうことになりますし、時期を逃して予定通りに仕事を復帰できなかったということもあり得ます。

 

入園したい前年の10月までには動き出す

多くの保育園は4月の入園となりますが、入園したいと考えている前年の10月までには動き出すようにしましょう。

 

認可保育園の場合、次年度の春に入園を希望する人の募集は10月~11月頃に始まる自治体が多いです。

ということは、それまでに資料を集めておいて、どこが自分にあっている保育園なのかを探しておく必要があります。

さらに先述の通り、保育園探しは役所や保育園に足を運ぶ必要があります。

 

また、もし認可保育園が落ちてしまった場合には、不認可の保育園も視野に入れてリサーチをしたり、見学をしたりする必要があります。

0歳から入園するなら安定期入ったあと

安定期

産休が終わればすぐにお子様を保育園に入れて働かないといけない場合は、妊娠中の安定期に入った後に保育園探しを始めましょう。

 

保育園によっては、労働基準法で定められている8週間の産休明け直後から受け入れてくれますが、安全性の問題でそういった保育園は少なく、競争率も高いです。

更に先述の通り、認可保育園の場合、次年度の春に入園を希望する人の募集は10月~11月頃に始まる自治体が多いです。

そのため、0歳から入園するのであれば、どうしても4~9月生まれが有利になってしまいます。

10月以降に生まれる場合は、ベビーシッターや無認可保育園を選択肢に入れておきましょう。

 

早めに保育園のリサーチを始めた結果、住んでいる地域があまりにも激戦区だとわかったため、保育園に入りやすい地域を探して引っ越したという人もいるほどです。

早めに、保育園探しをして出来るだけ自分たちに合う保育園に入園できるようにしましょう。

保育園が決まったら入園準備はいつから?入園半年前から直前までの流れ

保育園が決まったら、生活リズムを整えて、入園に向けて必要なものを揃えましょう。

  • 入園の半年~3か月前から保育園生活に生活リズムを合わせる
  • 2~3月の説明会後、入園に必要なものを準備する

入園の半年~3か月前から保育園生活に生活リズムを合わせる

保育園に行くことになったら、できるだけ早い段階で保育園生活に生活リズムを合わせるようにしましょう。

入園の半年~3か月前からであれば、体に無理なく合わせて行くことが出来るでしょう。

育休中のママは、育児に疲れ果ててお昼寝をしたり、朝もできるだけ長く睡眠を取ったりする場合が多いです。

お子様の睡眠時間やお昼寝時間、ご飯やおやつの時間もバラバラという家庭も多いでしょう。

 

しかし、お子様が保育園に通い始め、ママが仕事を始めるとなると、お子様もママも生活リズムがガラッと変わります。

直前まで自由な生活リズムだったのに、入園後に急にタイトな生活リズムになってしまっては、お子様もママも体を壊しかねません。

ですので、保育園に通い始める前には、「8時には寝かせる」「少し早く起きる」「おやつの時間を決める」など少しずつ生活リズムを保育園生活に合わせて行きましょう。

2~3月の説明会後、入園に必要なものを準備する

入園グッズ

保育園の入園が決まったら、2月~3月に保育園での説明会があるので、その後から入園までの間に、入園までに必要な持ち物を準備しましょう。

 

保育園の説明会で、入園までに用意しておく持ち物のリストをもらうことが出来ますが、保育園によって持ち物の指定がある場合があります。

指定外の物を説明会以前に用意してしまうと、「せっかく買ったのに使えなかった」という事態になってしまいます。

そういうトラブルも避けるために、保育園での持ち物は説明会のあとに用意するのがおすすめです。

持ち物の名前入れグッズは名前が決まってすぐに購入してもOK

防水シール

入園準備では、どの保育園でも、持ち物すべてに名前を入れておく必要があります。

説明会後に必要なものを購入して、すべてに名前を入れるのはかなり時間と労力がかかるので、説明会が入園直前の場合は特に、バタバタしてしまいます。

 

そこで、名前シールや名前スタンプなど、貼ったりスタンプを押したりするだけで名前が出来るグッズがあれば、こういった作業もかなり楽にすることが出来ます。

 

この名前入れグッズは、保育園指定の物であっても使えるので、説明会の前に購入していても良いでしょう。

早く購入するのであれば、出産前後のお名前が決まった後に購入もできます。

 

事前に購入しておくことで、時間に余裕をもって入園準備ができますよ。

まとめ

いかがでしょうか。

流れでいうと、下記のようになります。

  • 妊娠中の安定期に入ったら、保育園探しを始める
  • 名前入れグッズは名前が決まってすぐに買っておいてもいい
  • 遅くても入園する前年の10月までには保育園探しをする
  • 入園半年~3か月前には保育園に生活リズムを合わせて行く
  • 2~3月にある説明会が終わってから持ち物を購入する
  • 説明会後、入園前までに持ち物すべてに名前を入れる

保育園に入園するまでに、やることが多くて大変ですが、早めに動き出すに越したことはありません。

また、上記に書いている時期をすぎてしまってからでも、できるだけ早く準備して入園に備えましょう。

 

お名前シール製作所のお名前シールとお名前スタンプ

お名前シール製作所では、お名前シールと名前スタンプを販売しております。

防水タイプのお名前シールとアイロンタイプのお名前シールをまとめたお得なセットもございますので、是非ご利用ください。

→ 防水シールとアイロンシールのおとくなセット

 

また、通常2日営業以内に出荷、スピードオプションをご利用の場合はその日のうちに出荷を行いますので、入園準備が迫っていてお急ぎのママも是非ご利用くださいね。

→ 発送についての詳細はこちら

 

入園準備の名前入れでお困りの方はお名前シール製作所をご利用くださいね。

お名前シール

お名前シール
119枚 1,580円~

収縮性と耐久性に優れているお名前シールです。

可愛い3種類のフォントと450種類のデザインから選ぶことが出来ます。

 

半透明でナチュラルな仕上がりになるアイロンシールと、黒や柄物の靴下にも使える色付きのラバーシールの2種類あります。

お名前シールの詳細はこちら

お名前スタンプ

もちものスタンプ マイキャラ
1,404円

パソコンでオリジナルの似顔絵付きのお名前スタンプが作れます。

13mmと小さめなので、靴下の裏にスタンプするのにもピッタリのサイズです。

 

また、シャチハタタイプで、スタンプ台なしでも連続してスタンプできるのが特徴です。

お名前スタンプの詳細はこちら

 

-入園準備

Copyright© お名前シール製作所 スタッフブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.