入園準備

入園祝いのプレゼント|相場内で実際に喜ばれたアイテム7選

投稿日:

入園祝いの最適なプレゼント

保育園や幼稚園の入園は、初めて親御さんから離れて集団行動を始める、お子様にとってとても重大なイベントです。

友達や親族の子供が保育園や幼稚園に入学するとなると、何かお祝いのプレゼントをしたい!と思っている人も多いかもしれません。

 

この記事では、入園祝いのプレゼントの相場から、実際に入園祝いを貰ったことのあるママたちに聞いた本当に喜ばれた物7つをご紹介します。

また、実際に貰って困ってしまった物もご紹介するので、是非参考にしてみてくださいね。

入園祝いのプレゼントはするもの?

親しい人同士であれば、結婚や出産のお祝いは贈る習慣がありますよね。それに比べ、入園祝いはそこまで必要なマナーというわけではありません。

近しい親族であれば贈る人も多いですが、友達やママ友だったら必要ではありません。

ただ、こればかりは気持ちの問題なので、祝ってあげたい気持ちがあるのであれば形で贈れば、きっと喜んでもらえるでしょう。

 

特にママは出産、大変な子育てを経て、仕事に復帰するタイミングという人も多いので、気持ち的にも余裕がなくなってきてしまっている時期かもしれません。

「おめでとう」の言葉と一緒に、親子が喜ぶようなプレゼントを渡したり、それを口実にゆっくりとおしゃべりしたりすると、きっとママは喜んでくれるでしょう。

入学祝いのプレゼントの相場は1000~5000円くらい

入園祝いは、だいたい1000~5000円くらいが相場と言われています。

これくらいの相場があれば、おめでとうという気持ちとともに、親子が喜ぶようなプレゼントを渡すことができるでしょう。

 

ただ実際には、あなたとその親子の関係性によって異なります。

ちょっとした友達であれば、1000円くらいのお菓子等でも良いですし、祖母・祖父が孫にあげるならずっと使える数万の家具などをプレゼントすることもあるようです。

困った時は、3000~5000円くらいで用意してあげると良いでしょう。

【実際に聞いてみた】入園祝いのプレゼントで喜ばれたもの7選

では、実際にどのようなプレゼントが喜ばれるのでしょうか?

ここでは、実際に入園祝いをもらったことのあるママたちと、入園前のママたちにあげたことのある人に実際に嬉しかったプレゼントを聞いてみました。

【1】お名前シール

裏地のあるシール
相場:1000~3000円

入園前には子供の持ち物全てに名前を入れる必要があるのですが、これが手作業だととっても大変。そんな時に役立つのがお名前シールです。

ママの中には「お名前シールの存在も便利さを知っていても、『自分で時間を掛けて書けば節約できるし…』と買わなかったけど、もらってとても助かった!」という声もありました。

 

プラスチックなどにも貼れる防水シールから、アイロンで衣類にはるタイプのもの、またアイロンを使わずに服のタグに使えるノンアイロンシールまで様々な種類がありますし、それらがセットになった商品もあります。

子供の名前は、幼稚園生活が終わって小学生になっても使えるということもあり、とても喜ばれるようです。

お名前シールの商品を見る

楽天市場ででお名前シール製作所を見る

【2】スタイ(よだれかけ)

相場:1000~3000円

お子さんが0歳の場合、喜ばれるのが「スタイ(よだれかけ)」です。

赤ちゃんはよだれもたくさん出しますし、ご飯を食べる時もたくさんこぼします。

保育園では保育士に数枚渡しますが、汚れたスタイは汚れたまま袋に入れて持ち帰りするということもあり、すぐに傷んだりカビが生えたりするため消耗品なのです。

 

ママからも「何枚あっても追いつかないくらいスタイは必要でした。0歳から入園させたので、嬉しいというか単純にとても助かりました!」という声がありました。

最近はシリコン製のものも人気がありますが、保育園で使うのは多くの場合シンプルな布製です。

変わった形でおしゃれなスタイもありますが、保育園では形の指定もあるところがあるので、よくあるシンプルな形の布スタイ(上記の写真の形のもの)が一番喜ばれるようです。

スタイ(よだれかけ)を楽天市場で見る

【3】ループ付きハンドタオル

ループ付きタオル

相場:1000~1500円

こちらもママから「ループタオルは喜んでもらえました。どこの保育園もだいたい使うし消耗品なので。」との声がありました。

タオルって、百均などの安いものだと吸水性が悪いし、いいものを買うと消耗品にしては高く付くからこそ、喜ばれるプレゼントなのです。

 

表面がモコモコとしたタオルハンカチは名前が描きにくいので、名入れしてもらえるものか、アイロンシールが張り付きやすいガーゼタオルだと特に喜ばれますよ。

ループ付きタオルを楽天市場で見る

【4】絵本

飛び出す絵本

相場:1000円前後

お母さんが読み聞かせてあげたり、自分でペラペラとめくって読む絵本。

同じ話ばかりだと飽きられてしまうことも多いので、新しいお話は喜んでもらえるようです。

さらに、「知育絵本」「子供を釘付けにする絵本」「眠くなる絵本」など様々な種類のものがあるので、ママとお子様に合わせて選ぶと良いでしょう。

 

ただし、持っているものをもらってしまったら困ってしまうかもしれません。買う前に一度確かめておくと良いでしょう。

絵本を楽天市場で見る

【5】おもちゃ(玩具・人形・ぬいぐるみ)

玩具

相場:1000円〜

やはり、お子様にとって大切なのが毎日たくさん遊ぶおもちゃ。

男の子か、女の子か、また年齢によっても好まれるおもちゃは異なりますが、年齢にあったものか、先々使えるようなものをプレゼントすると喜ばれます。

押すと音が出るおもちゃは音が出るものに興味を持つお子様だったことと、インテリアにもなるので親にも喜んでいただけました。という声もありました。

 

ここでも持っているものや趣味に合わないものをもらうと、困らせてしまう可能性があるので、お子様の趣味と親御さんの趣味を加味した上であげると良いでしょう。

5000円までで買えるおもちゃを楽天市場で見る

【6】手提げかばん

手作り

相場:1500~3000円

コットンでできた、軽くて便利な手提げバッグは、保育園に通いだすと何かと便利です。

レッスンバッグと呼ばれることもあり、お子様を習い事に通わせたい親御さんには特に喜ばれるでしょう。

 

「もらった手提げバッグは、たいそう服を入れたり絵本を持ち帰る時に使ったりと、常に使っていました。」という声もあり、実際に使いやすいプレゼントです。

子供用の手提げカバンを楽天で見る

【7】現金や金券 等

お祝い

相場:1000円~

実際にもらって嬉しいのは、現金や金券という実用的な意見もありました。

確かに、消耗品以外のおもちゃや絵本などは「もう持っている」となりかねませんし、趣味が問われるものもありますが、お金であれば自由に使うことができます。

  • 現金
  • 図書カード
  • ギフトカード

とありますが、現金であればより自由に親が使うことができますし、図書カードやギフトカードなら「〇〇に使ってあげてね」という気持ちを伝えながら渡すことができます。

【実際に聞いてみた】入園祝いのプレゼントで困ったもの3選

上記では、入園祝いで喜ばれたものをピックアップしましたが、逆にプレゼントされて困るものもあります。

プレゼントされて困っても、もらった本人は本音を言いづらいですし、捨てたり売ったりするのも気がひけるのでとりあえず家の隅っこで放置されてしまうこともあるようです。

そのようなことにならないように、以下のものは避けるようにしましょう。

【1】洋服

子供服

子供服を見ていると「かわいいな。買ってあげたいな。」と思うこともあるかもしれませんが、意外と困るという意見が多くありました。

理由としては、サイズがすぐに合わなくなることと、保育園の決まり(ボタンNGなど)があるので着られないことがあげられました。

 

お子様の服も数は必要なので、新品・お古問わずもらうと喜ぶ人もいますが、一方的にあげるのはNGのようです。

プレゼントする場合は、しっかりママの意見を聞いてから購入するようにしましょう。

【2】高級タオル

高級タオル

「ふかふかの高級タオルをもらったが、場所も取るし、正直使いにくい。」という意見がありました。

高級タオルは贈り物に選ばれることも多いアイテムですが、しっかりお子様とママにとって喜ばれるものを選べていなかった例とも言えます。

せっかくなら、上記で挙げたような親子の痒いところに手が届くようなアイテムか、現金・金券などを選ぶようにしましょう。

【3】もう既に持ってる物や趣味に合わないもの

もうすでに持っているものをもらったり、もらったものが趣味に合わないものなら困ってしまって当然ですよね。

プレゼントで選ばれやすいものはすでに他の方からプレゼントされている可能性も、ママが自分で購入している可能性もあるので注意です。

ものの趣味やセンスに関しては、相当親子のことを理解していない限り、誰でも使いやすいような無難なものを選ぶようにしましょう。

 

また、いくつあっても困らないスタイやハンカチと言った消耗品はやはり無難なプレゼントと言えます。

まとめ

身近な友達や親族の可愛い子供が入園するとなると何かプレゼントしたい気持ちになりますよね。

ただし上記に書いた通り、小さなお子様に使いにくい物や既に持っている物を貰うと逆に困惑されてしまう場合もあるようです。

 

逆に、消耗品で数が必要になる物や、自分ではわざわざ買わないけどあれば便利なものであれば、ママも子供もきっと喜ぶでしょう。

入園に必要なものは、以下のコラムに詳しく載せています。上記にないものも、消耗品は喜ばれるので参考にして見てくださいね。

【年齢別】保育園の入園準備で必要なものリスト|手作りが必要な物や節約する方法も紹介

 

お名前シール製作所では、入園祝いにぴったりのお名前シールやお名前スタンプを取り扱っています。

4つのテイスト、450種類のデザインから選ぶことができるので、ぜひとっておきのものをお選びくださいね。

お名前シール

 

-入園準備

Copyright© お名前シール製作所 スタッフブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.