入園準備

【年齢別】保育園の入園準備で必要なものリスト|手作りが必要な物や節約する方法も紹介

投稿日:

入園で必要な物は?保育園に入園が決定したら、必要なものを準備しておきたいですよね。

ただ、初めて子供を入園させるママは何を準備したらいいのか分からないでしょう。

 

この記事では、入園準備の基本的な知識として、保育園に入園したときに一般的に最低限必要といわれているもの・用意しておくと便利なもの・手作りが必要な物・節約して安く済ます方法をご紹介します。

是非、入園準備の参考にしてみてくださいね。

保育園で最低限必要なものリスト

保育園によってルールがあるので本格的な準備は説明会に行ってから揃える

保育園入園に必要な物の本格的な準備は、保育園の入園説明会で必要なもののリストをもらってから始めるといいでしょう。

というのも、実は保育園によって準備するものは異なるからです。

指定の物が決まっている場合もあれば、禁止されているものがある場合もあります。

早めに準備していたが、保育園で指定されている物ではなかったためお蔵入りになってしまったという声もよく聞きます。

 

とはいえ、保育園の入園準備は、時間に余裕を持っておきたいもの。

だいたいどんなものが必要で、どこで購入しておこうか、などを事前に目星をつけておくといいでしょう。

【全年齢】保育園で必要なものリスト

  • □着替え 季節ごとに上下4セット以上
  • □ループ付きタオル
  • □ゴム付き帽子
  • □コップ入れや着替え入れ
  • □ビニール袋
  • □レインコートなどの雨具
  • □昼寝用寝具類
  • □連絡帳ノート
  • □制服・制帽・指定のバッグ

着替え

子供用着替え   

幼稚園では、遊んだりご飯を食べたりするのでどうしても着替えが必要となります。

最低でも、着ていく1着と、保育園に預けておく2~3着を用意しておくとよいでしょう。

 

着替えは、フード付きのパーカーや上下が繋がったワンピースなどが禁止されている保育園が多いようです。

ループ付きタオル

ループ付きタオル

保育園では、フックにひっかけて清潔に使える、ループ付きのタオルが一般的です。

しかし、このタオルも大きさに指定があることが多いようです。

ゴム付き帽子

ゴム付き帽子

外遊びに必須の帽子は、必ず必要ですが制服がある保育園は特に、指定の帽子がある場合が多いです。

指定でない場合も、走っても飛ばないように顎にゴムをひっかけられる帽子にしましょう。

コップ入れや着替え入れ

巾着袋

コップや着替えを入れる巾着袋が数枚必要になります。

この巾着袋は、入ればどんなものでもOKという保育園もあれば、サイズ指定があったり、手作りしてくださいといわれたりする場合もあります。

ビニール袋

ビニール袋

おむつやごみ、洗濯ものをいれるためのビニール袋が必要となります。

使用用途によって大きさも異なるので、直前に百均などで買うとよいでしょう。

レインコートなどの雨具

レインコートなどの雨具

 

忘れがちですが、雨が降ったときのための雨具が必要です。

レインコートや傘、長靴など、お子様の成長や保育園に合わせて必要な雨具を用意しましょう。

昼寝用寝具類

昼寝用寝具

お昼寝をするとき用の布団カバーやシーツ、タオルケット、布団バッグなどが必要となります。

おねしょをすることもあるので、予備の1セットもあった方がよいでしょう。

連絡帳ノート

連絡帳 

幼稚園では先生とママで、何を食べたか、何をしたかなどのやり取りをするので、連絡帳ノートが必要です。

A6サイズが一般的で、保育園で指定の場合が多いです。

制服・制帽・指定のバッグ

保育園の制服

保育園によっては、制服や制帽、指定のバッグが必要です。

これらは説明会などで購入方法を教えてもらえるでしょう。

バザーやご近所づきあいで安く譲ってもらえる場合もあるようです。

【0歳~1歳】保育園で必要なものリスト

  • □おむつ
  • □おしりふき
  • □食事用エプロン
  • □哺乳瓶

おむつ

おむつ

おむつは基本的に保育園に10枚程度預けておき、減った分だけ毎日補充することになります。

全てのおむつにも名前を書いておく必要があります。

おしりふき

おしりふき

おしりふきは保育園で準備してくれる場合もありますが、大量に消費するので用意してくださいといわれることも多いです。

おしりふきの蓋を用意するように言われる場合もありますが、言われない場合は付けなくてよいでしょう。

おしりふきの蓋は、百均などで買うことが出来ます。

食事用エプロン(スタイ)

食事エプロン スタイ

保育園で食事をするので、食事用エプロンも必須です。

最近ではシリコンのような素材を使った、洗濯が不要のエプロンが流行っていますが、かさばるため保育園では断られてしまうかもしれません。

調べてみたところ、家用と保育園用で使い分けている先輩ママも多く、保育園では「カビにくくて、洗濯機で洗える丈夫な素材」が人気のようです。

哺乳瓶

哺乳瓶

哺乳瓶も、保育園によっては用意してくれるようですが、準備するように言われる場合もあるようです。

とりあえず、家用の物だけ持っておき、必要があれば同じものやサイズ違いを買い足せばよいでしょう。

【2歳】保育園で必要なものリスト

  • □歯ブラシとコップ
  • □食事用エプロン

歯ブラシとコップ

歯磨き用グッズ

2歳くらいになると、保育園で自分で歯磨きをする時間を設けられるので、歯ブラシとコップを用意しましょう。

名前は油性ペンだと落ちてしまうことが多いので、防水のシールを使うとよいでしょう。

【3歳】保育園で必要なものリスト

  • □上靴
  • □お弁当
  • □歯ブラシとコップ
  • □水筒
  • □リュックサック

上靴

上履き

3歳になると、園内で動き回ることが多くなるので、上履きが必要になります。

指定の物がある場合もありますが、ない場合は買いましょう。

大き目の靴屋さんや、赤ちゃん用品ショップ、ホームセンターなどで購入することが出来ます。

お弁当

弁当箱

保育園によって、毎日お弁当が必要な場合があります。

400mlくらいのお弁当を用意しておいて、おかずを入れる深さを変えれば、子供の成長に合わせて容量を変えることが出来ますよ。

水筒

水筒

3歳になると、外遊びやおでかけも増えるので、水筒が必要となります。

まだ、水筒から直接飲むのが苦手な年ごろなので、ストロータイプの水筒があれば重宝するでしょう。

リュックサック

リュック

外遊びやお出かけに必要な、リュックサックも必要になってきます。

ハンカチやティッシュ、水筒がしっかり入るものを選びましょう。

保育園入園前に準備しておくと便利なもの

ママ用の大き目のバッグ

ママ用大き目のバッグ

保育園に行くとなっても、お子様の持ち物をすべて自分で持ってくれるようになるまでは少し時間がかかるでしょう。

お子様の荷物や、保育園に預けておくものをまとめて運べるバッグを用意しておきましょう。

名前入れグッズ

保育園の入園準備でいろいろと必要な物を準備しますが、それらは基本的にすべて名前を書く必要があります。

油性ペンで書いてもよいのですが、お名前シールやお名前スタンプを使えば大量の物に簡単に名前入れが出来ます。

名前入れグッズはオーダーしてから手元に届くまで、一週間前後かかることが多いので、できるだけ早く準備しておくとよいでしょう。

保育園で必要な物で手作りしないといけないもの

手作り

保育園の入園準備というと、手作りしないといけないものがある、というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?

手作りが必要なのは、主にコップ入れや着替え入れなどの巾着袋などです。

コップ入れや着替え入れなどの巾着袋

コップ入れや着替え入れなどの巾着袋は、保育園によって、大きさ指定されていることもあり、手作りをしてくださいねといわれることもあります。

比較的簡単にできて、お子様と一緒に生地から選べば、安くすませる上に、お子様も喜んで大切に使ってくれるでしょう。

手作り出来ない人はネットでオーダーもできる

時間がなかったり、裁縫が苦手だったりするママは、ネットでオーダーして作っているようです。

楽天などの大型ネットショップでも、オーダーしてくれる店がありますし、最近ではminneなどのハンドメイド専門のオンラインショップで好きな柄を選んで、指定の大きさで作ってくれるお店も多いようです。

→ minne

→ 楽天

オーダーメイドとはいえ、500~2000円くらいで作ってもらえるので、手作りが出来ない人はネットをうまく活用してみましょう。

保育園で必要なものを節約して揃える3つの方法

1.百均で買えるものは百均で買う

お子様が保育園で使うものは、汚れが付いたり傷んだりして、次から次へと買い替える必要が出てきます。

確かに、子供用の専門店で売っているものは高機能なものも多いですが、百均で買っても性能が変わらない物もあるので、百均で買えるものは百均で買いそろえましょう。

百均でもさほど性能が変わらないのは、例えば以下のようなものです。

  • タオル
  • コップ入れや着替え入れ
  • ビニール袋
  • 歯ブラシとコップ

逆に、食事用エプロンや哺乳瓶、水筒といったものは、直接お子様が口に着けるものだから、少しでも不快感を覚えると飲まない・食べないということになるようです。

こういったものは、子供用の専門店で買うとよいでしょう。

2.手作りが出来る人は手作りをする

手作りが得意という人は、いろんなものを手作りすることで安く抑えることが出来るでしょう。

生地は最低サイズが1mから売っている場合が多いので、一種類の生地を多めに買って、1枚の生地でいくつものグッズを作れば、もっと安く抑えることもできます。

 

ただし、子供の持ち物はすぐに汚れたり、壊れたりするので、洗濯や汚れにも強い素材や作りで作るのが重要でしょう。

3.ブランドものやキャラクターが欲しい人はバザーやメルカリをチェック

特定のブランドやお子様が好きなキャラクターが入ったものが欲しいという人は、バザーやメルカリで中古品を上手に使いましょう。

お子様に必要な物は、人にプレゼントされたけど子供が気に入らなかった、使う機会がないまま子供が大きくなったなどの理由で、新品のまま出品されていることも多いです。

→ メルカリ

子供の持ち物に中古はかわいそうかな?と思うママも多いようですが、新品の物も多いので一度調べてみるとよいでしょう。

まとめ

入園準備に向けて、どんなものを用意しておけば良いのか不安に思っているママや、急に保育園に入園が決まって焦っているママもいらっしゃるかと思います。

一般的に保育園で必要とされている物を記事で紹介しましたが、具体的には保育園によって異なるので、保育園の入園説明会に行ってから買いだしするのがおすすめです。

 

お名前シール製作所のお名前シールとお名前スタンプ

このサイトを運営しているお名前シール製作所では、お名前シールと名前スタンプを販売しております。

防水タイプのお名前シールとアイロンタイプのお名前シールをまとめたお得なセットもございますので、是非ご利用ください。

→ 防水シールとアイロンシールのおとくなセット

 

また、通常2日営業以内に出荷、スピードオプションをご利用の場合はその日のうちに出荷を行いますので、入園準備が迫っていてお急ぎのママも是非ご利用くださいね。

→ 発送についての詳細はこちら

 

入園準備の名前入れでお困りの方はお名前シール製作所をご利用くださいね。

お名前シール

お名前シール
119枚 1,580円~

収縮性と耐久性に優れているお名前シールです。

可愛い3種類のフォントと450種類のデザインから選ぶことが出来ます。

 

半透明でナチュラルな仕上がりになるアイロンシールと、黒や柄物の靴下にも使える色付きのラバーシールの2種類あります。

お名前シールの詳細はこちら

お名前スタンプ

もちものスタンプ マイキャラ
1,404円

パソコンでオリジナルの似顔絵付きのお名前スタンプが作れます。

13mmと小さめなので、靴下の裏にスタンプするのにもピッタリのサイズです。

 

また、シャチハタタイプで、スタンプ台なしでも連続してスタンプできるのが特徴です。

お名前スタンプの詳細はこちら

-入園準備

Copyright© お名前シール製作所 スタッフブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.