入園準備

【無認可・認可別】保育園見学はいつから始める?いつまでできる?入園までのスケジュールも紹介

投稿日:

保育園の見学はいつ?

大切なわが子を預ける保育園は、きちんと見学して信頼できるところを選びたいですよね。

 

でも、保育園見学っていつから始めたらいいんだろう?

いつまでにやっておかないといけないんだろう?

出来れば認可保育園の方がいい

そう不安に思うママも多いかと思います。

 

この記事では、先輩ママたちの意見も聞きながら、認可保育園と無認可保育園における見学のベストタイミングをご紹介します。

認可保育園と無認可保育園の違い

まず最初に、認可保育園と無認可保育園の違いは「国が定める一定基準を満たし、各都道府県知事から認可を受けている保育所かどうか」です。

具体的には以下の3つの違いがあります。

  • 入園時期の違い
  • サービスの違い
  • 料金の違い
  • 選考基準の違い

認可保育園の特徴

認可保育園は、国が定める一定基準を満たし、各都道府県知事から認可を受けている保育所です。

  • 国で決められたサービスで運営されている
  • 基本的に4月入園で園児を募集する
  • 運動場や遊具といった施設が基準を満たしており、広々としていることが多い
  • 自治会からの補助金があるため、保護者の保育料の負担が軽いことが多い
  • どれだけ保育を必要としているか(保育指数)の点数で選考される

認可保育園は、国に認められたということもあり、保育料が安く、施設とサービスも基準通りで安心できるというメリットがあります。

一方で、競争率は高く、保育指数が足りなければ選考に落ちてしまうことも多いのが特徴です。

無認可保育園の特徴

無認可保育園とは、認可保育園よりゆるい基準で定められた保育園のことを言います。

  • 4月以外の入園も広く受け付けている場合が多い
  • 都会などでは運動場がないため、基準を満たせず無認可保育園になっているところが多い
  • 独自の教育方法を導入しているため、あえて無認可を選択している保育園もある
  • 保育料やサービス内容を自由に設定できるので、保育料は高めのことが多い
  • 選考も独自の方法で行われる

無認可というと、危ないイメージを持つ人もいますが、国に認可を貰っていないだけで自治体には認可を貰っています。

認可保育園に入るための保育指数が足りなかった人の受け皿となっていますし、独自の教育法で子供を育てたい人には人気があります。

保育園の見学はいつまで?入園の申し込みの2か月前くらいまで

まず、保育園の見学における締め切りですが、一般的には認可・無認可問わず、申し込みの2か月くらいまでといわれています。

 

ただ、保育園によっては、申し込みの時期や申し込み前の見学できる期間を長めに設定している場合もあります。

見学が遅くなってしまった場合も、あきらめずに問い合わせてみることをお勧めします。

認可保育園における見学のスケジュール

保育園の見学を夏~秋にしているママが多い

保育園の見学は、基本的に通年を通して出来る場合が多いです。

その上で上記のように、見学は申し込みの2か月前くらいまでが好ましいですが、実際には夏~秋に見学をしているママが多いです。

保育園によっては、この時期に見学希望者が殺到するため、8~10月の間は集団見学日と言うのを設けている場合もあります。

 

この時期に見学が多い理由は2つあります。

  • 秋に締め切りがある認可保育園が多いから
  • 春は保育園が忙しく断られる場合も多いから

秋に締め切りがある認可保育園が多いから

新年度の4月入園を希望する場合は、申込みを前年の11月前後にしている場合が多いので、その2か月前の8~9月くらいにしているママたちが多いです。

春は保育園が忙しく断られる場合も多いから

春は、入園したての園児がたくさんいて、先生たちも大忙しの時期のため見学を断られる場合も多いようです。

保育園生活が慣れれば平和に過ごせる子供たちも、この時期には泣きわめいていることも多く、慌ただしい様子となっています。

 

ただし、春にも地域交流会という形で、子供たちが地域の人たちと触れ合える日を設けている保育園もあるので、地域交流会の日であれば見学をさせてもらいやすくなります。

無認可保育園における見学のスケジュール

無認可保育園を希望する人はもちろんですが、認可保育園を希望している人も選考に落ちてしまった場合は無認可も考慮する必要が出てきます。

特に4月以外のタイミングで、入園を希望する場合は無認可保育園となる場合がほとんどです。

ここでは無認可保育園における、保育園見学のスケジュールをご紹介します。

見学のスケジュールが保育園によって異なるので余裕をもって個別電話予約をする

先述の通り、無認可保育園は独自のサービスで運営しているので、見学や入園のスケジュールもバラバラです。

ですので、無認可保育園を調べたら、できるだけ早めに個別で電話をして見学予約をしましょう。

 

ほとんどの場合は、1年中見学できますが、無認可の場合は保育園に連絡を入してから、実際に見学できるまでの期間が長くなる場合があります。

というのも、無認可保育園は認可保育園と比べて、人員とスペースに余裕がないところが多いからです。

都心などの激戦区の場合は、見学予約から実際の見学まで2か月かかることもあります。

 

認可保育園を希望する場合も、できるだけ早く同時進行で無認可保育園も調べておくとよいでしょう。

保育園の見学を避けた方が良い時期・タイミング

見学しないほうがいい時期

保育園の見学は、上記の通り、基本的に通年を通して出来る場合が多いですが、避けたほうがいい時期やタイミングがあります。

  • インフルエンザがはやっている時期(12月~2月
  • 運動会園内イベントの日
  • イベントごとと先生の事務作業が多い年度末
  • 子供が少ない土曜日

安全面や先生たちの業務面で、上記は避けたほうがいいので考慮しておきましょう。

ただし、上記もあくまで一般的な例であって保育園によって、受け入れ態勢は変わります。

どうしても上記の時期に行きたいのであれば、一度問い合わせてみましょう。

 

保育園探し~入園までの流れ

ここで、保育園探しから入園までの流れの一例を紹介します。

以下は4月入園希望の場合です。

(保育園探しの前)求職するならハローワークに登録

妊娠を期に退職した人は、まずハローワークに登録することから始めましょう。

これは保育園に入るためには、就職していることか、休職中であることが重要なポイントとなるからです。

もちろん、出来るだけ就職した方が保育園は決まりやすいですが、決まっていなかったとしてもハローワークでしっかりと求人中であることが証明されれば、無職よりずっと決まりやすくなります。

(6月まで)役所で資料を貰ってリストを作る

自分が住んでいる地域の役所に行き、資料を貰いましょう。

今はインターネットで情報収集が出来る時代ですが、特に認可保育園に関してはまだまだアナログな部分が多くなっています。

ネットでは見られない情報も、役所で手に入れることが出来るので、役所に足を運んで資料を貰いましょう。

逆に無認可保育園の情報は、ネットに充実しているので合わせて調べておきましょう。

 

そして、保育園の情報から、入園希望する保育園をリストアップしましょう。

たくさんの中から選ぶため、この時点では出来るだけ多くの保育園をリストに入れておくことをお勧めします。

(6月~)見学予約

保育園の見学予約の電話

リストが出来たら、保育園に電話しましょう。

保育園も忙しいので、忙しくない時間帯に端的に伝えるとよいでしょう。

具体的には、子供たちがお昼寝している14時前後に電話をかけ、「入園希望での見学をしたいです」と伝えるとよいでしょう。

 

逆に、避けたほうがいい時間帯は以下の時間帯です。

  • 登園する時間 早朝~9:00くらい
  • 給食準備から片づけをする時間 11:00~13:00
  • お昼寝終わり~おやつの時間 14:30~16:00
  • お迎えの時間 17:00~19:00

もし、電話をして「今は忙しい」といわれた場合は、都合のいい時間帯を聞いてから電話を切るようにしましょう。

 

「見学予約の電話が繋がらず大変だった」というママも多いですが、保育園の都合も考えて効率よく電話をかけましょう。

保育園見学(認可の場合7~10月・無認可の場合通年)

予約が出来たら、実際に保育園見学に行きましょう。

保育園見学は、かしこまったスーツで行く必要はありませんが、好印象を持ってもらえるようなきれいめなファッションで行くと無難でしょう。

 

実際には、以下のようなポイントをチェックしながら見学しましょう。

  • □子供たちと先生のやりとり
  • □先生たちはしっかり子供たちに目が行き届いていそうか
  • □遊具が不足していないか
  • □玄関・トイレ・廊下はきれいに保たれているか など

また、その他に気になる点があれば、事前にメモをしておき、すぐに聞けるようにしておきましょう。

 

(認可の場合10~12月・無認可の場合通年)入園申し込み

保育園の見学がすべて終われば、リストの保育園に優先順位を付けて、書類を作り、申し込みをしましょう。

保育園によって入園申込みの時期もことなりますので、くれぐれも遅れることないように余裕をもって申し込みしましょう。

(認可の場合1~3月・無認可の場合通年)入園可否の結果発表

年明けに、入園可否の結果が送られてきます。

入園が決定した園は、説明会の詳細も一緒に入っているのでスケジュールに書き込んでおきましょう。

(2~3月)入園説明会

2~3月には入園説明会があります。ここで、入園までに必要な物やルールなどが説明されます。

入園説明会は、初めてママたちと会う場でもありますので、きれいめなファッションで行きましょう。

貰う書類も多いですので、しっかり収納できるバッグで行くとよいでしょう。

 

まとめ

保育園の先生たちは毎日業務に追われているので、保育園にとって出来るだけ都合のいい時間や時期を狙って、予約を取ったり見学したりすることで、多くの保育園に効率的に見学へ行くことが出来ます。

この記事を参考に、よいタイミングでたくさんの保育園の見学をすることで、最適な保育園を見つけてくださいね。

 

入園前に役立つお名前シール・お名前スタンプ

お名前シール製作所では、入園前の持ち物への名前入れに役立つお名前シールとお名前スタンプを販売しております。

保育園が決まって、説明会が終わってからはやることも多くてバタバタするので、名前入れグッズは出来るだけ早めに用意しておくのがおすすめ。

文字だけではなく、可愛いイラストも入っているので、まだ小さくてひらがなが読めないお子様も、自分の持ち物が認識できるようになります。

是非、入園準備をする際にはお名前シール製作所をご利用くださいね。

-入園準備

Copyright© お名前シール製作所 スタッフブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.